私の考え方は、

平面的にとらえるのではなく、

立体的に物事は捉えることが大切だと

考えているので、

いわゆる世の中に存在している

反射区図表には

書いていないことを言います。

腰が痛い、

腰がだるい、

という時に、

腰の反射区は主に

親指側の側面に存在する

【腰椎】

を指すのですが、

それとは別に

腸の反射区も副反射区として

捉えています。

ここでは、

直腸や、小腸の反射区になりますが、

腰の反射区でもある部位で

当店での施術中で

症状的に「腰がしんどい」

とおっしゃったお客様の

ここの反射区をしっかりと見ています。

片足だけなのか、

両足なのか?

本当に様子も違ってきます。

ぜひ、腰が痛い方は

腰椎反射区だけではなく、

この部位の張り具合も

ご確認くださいね♡

頑張ってるんだけど、追いつかない(笑)