スクールにお問い合わせいただくと、

いつも聞いているのが

「なんでうちなんですか?」

これを必ず聞いています。

いわずもがな、

割とうちのスクール生さんは

最初の問い合わせの段階で

あつーいラブレターを書いてくださることが

多いのですが、

本当にいろいろなスクールあるし、

むしろうちじゃなくて

正統派のスクールもあって、

でもうちに問い合わせを頂くって

本当に心から感謝でしかないと思っているのね。

私もうまく表現できているのか?

私を選んでもらう理由、

私ができること、

ちゃんと伝わっているのか、

絶対伝えきれてないのもわかっている。

それでも嬉しいよね、

問い合わせを頂くと。

私個人的な話をすると、

20代の頃、就職活動を始めた頃、

慣れないパンプスを履き始め、

足がほんとに痛くて、しんどくて。

「大人って、大変だなぁ」

と堺筋線乗りながら(笑)

お昼何食べようかななんて

オフィス街の昼ご飯を楽しみにしていました。

安いし、早いし、おいしいの多いから。

そんな頃、

梅田だったと思うけど、

駅前に当時チラホラできていた

リフレクソロジーサロンに入ったのが

私と足つぼの出会いだった。

そこから

就職して、毎月お給料を頂いては

足つぼに行って、

不摂生は足裏に反映することを知り、

その後言われた通りの反射区を患って

入院してしまった。

そこから始まった健康オタク。

ダメになった臓器が「肝臓」だったから

余計にちゃんとデトックスしたい。

消化にも、排泄にもこだわりたい

そんな風に思うようになりました。

そして、

肝臓がよくないからこそ

ムリをすると疲れやすくて、

絶対に無理はしない。

そんな風に考えるようになったことも

今の私をカタチどる礎です。

足つぼの技術はもちろんですが、

セラピストとして大切なこと。

そして、個人として大切なこと。

一人の人間は、

たくさんの配役(役割)を

この人生で担っています。

娘、姉、妹、妻、母、社会的地位の何か、

その前に、一個人であることを決してお忘れなく。

自分のカラダに目を向ける。

セラピストがセラピストを続けられないのは

そこに目を背けているからかもしれません。

もし健康に興味があって、

家族の健康を守りたくて、

生きていくうえでも絶対にムダな技術ではない。

ただ、学ぶことを間違えると、

ただしんどくなってしまう。

それがセラピストの世界です。

さぁ、自分を大切にするために

はじめてみませんか?

足つぼどう?

あと、星のラブレターも