先週、

合計4回、飛行機に乗りました。

一回目は、成田-伊丹間 往復。

二回目は

北海道-伊丹間 往復

さすがに連続すると、

しっかりとした事前ケアを

しておかないと、浮腫みがひどくなります。

そもそも浮腫みとは

心臓からの距離ことが理由で

足、脚は血流の流れが悪くなりやすい箇所。

重力にも逆らって汚い血液は戻る必要がある。

血液中の水分が、

血管やリンパ管の中にしみ出し

皮膚の下に溜まっていきます。

これがいわゆる「むくみ」で

あしが腫れて、膨らんだ状態に。

成田まではなんとかカバーしていましたが、

さすがに北海道はアウトでした(汗)

フライト時の【浮腫まない】対策

同じ体勢で長時間いることが

むくみの大きな理由の一つですが、

いくつか対策として大切なことがあります。

・適度な水分補給

・適度なストレッチや運動

・足のマッサージ 等

ここには機内独特の

心理的ストレスもむくみの原因になっている

ことも。

その中で、オススメしている

搭乗前に

必ずふくらはぎや、太もものストレッチを

【かなりしっかり目に】しておくこと。

これが最も大切で、むくみにくいフライトへの

一歩になります。

機内でストレッチも必要ですが、

搭乗前の、待ち時間で。

前日から!!

これが大切なプロセスとなります。

次はストレッチの方法をお伝えしたいと思います。

怠った私は、

もうひどいあしをしておりますので

覚えている間に、

備忘録的に、皆様にもお役に立つように

記してまいりますね!