飛行機でのむくみ回避術

飛行機でのむくみ回避術

お盆休み等、 あと海外組の一時帰国なんかも 始まっているみたいですね! 移動の多い皆様にお話ししたい 搭乗による「むくみ」軽減術について。 とにかく、飛行機にのる数日前から できることならば 一週間前から「ふくらはぎ」のケアを 入念に行うことによって 飛行機の中での時間が快適になるお話です。 まず、搭乗日の前の日、 私は必ず足つぼに行くようにしています。 それも結構長い目の時間。 少なくとも60分以上やってくれるところに お願いして 足裏、ふくらはぎをしっかりとほぐしてもらいます。 で、一番大切なのは、 当日。...
背骨ラインと体側ライン

背骨ラインと体側ライン

背骨ラインは自律神経と関係し、 体側面はなんで?と思うけれど、 ピリピリとした表層の痛みがあり、 痛がる方多いのです。 これは中医学的にいう 経絡と関係しているのですが、 足つぼと言えば、 足の裏だけをイメージ しているから30分コースで当たり前だと おもっちゃうんですね。 足は二本、 そして、足裏だけではなく、 甲もある、 側面(背骨ライン、体側ライン)ある、 それだけではなくて スネもある、 ふくらはぎもある。 だから長い時間が必要だということを覚えていて欲しい。 飛行機でのむくみ回避術 背骨ラインと体側ライン...
かかとの角質が増える理由

かかとの角質が増える理由

かかとの角質に悩む方。 足つぼをしていても、 これからの時期は意外や意外 冬よりも角質が増える時期。 そして、足首やかかとをはじめとする 膀胱の反射区 ものすごく冷えを感じます。 かかとは 生殖器、骨盤、尾骨といった 反射区になりますが、 角質ができることは 顔と同じでターンオーバーが遅れている ということ。 つまりは「代謝が悪い」のですが、 だったらエステと同じ。 顔をマッサージするように、 足裏をマッサージすると 余計な皮膚(角質)は正しく代謝していきます。 足つぼを始めてからは 角質除去に行かなくなりましたの声も...
足つぼ技の種類(西洋式・東洋式)

足つぼ技の種類(西洋式・東洋式)

どんなスタイルの足つぼが学べるのか?そんな話を今日はしていきたいと思っています。 足つぼの技術は、手の節を使ったり、棒を使ってやるタイプなど複数やり方があります。それぞれのメリットデメリットと当店の足つぼニスト養成講座で使う 技術についてお伝えします。 手の節を使うバージョン(台湾式・中国式等) 人差し指で「カギ」を作り、反射区を押していきます メリット・痛すぎず、程よい痛みと気持ちよさを得られる(お客様)・お客様の皮膚感覚やしこり等がダイレクトに伝わり、共感力のある施術ができる(セラピスト)...
コラム*骨ないところに骨がある?

コラム*骨ないところに骨がある?

 骨だと思っていました 自分の足が標準。 いえいえ。 そんなところに骨はありません。 そして そんなに骨は元来大きくないよ? よーく骨の作りをみてください。 もしも あなたが骨が 違うところにあったとしたら・・・ 長年の立ち方や、 体の使い方のくせによって 変形してしまったのかもしれません。 あったとしたら・・・ それはどうなっているのか? 立ち方なのか、 靴や 生活習慣なのか?みてみよう。 もし骨が触れないとしたら… むくみ?パンパン? どちらにしても骨を探そう。 骨は健康のバロメーター。 アタクシはそう考えています。...
反射区とは?その動作がカラダに不調を与えている?

反射区とは?その動作がカラダに不調を与えている?

足裏を揉むのが 「足つぼ」とすれば、 それがずっと好きで 足つぼ屋さんに通って、 より(私が望む) 結果が出る方法を 施術方法で探っていくと、 ふくらはぎをクタクタにする といいと知ったり、 足裏を柔らかくする理由 みたいなものを発見していきました。足を揉むことによって、 足裏に溜まった老廃物を 根こそぎはがして、 それをお白湯を飲みながら、 排尿・排便などをしながら 代謝するとすれば、 普段から その汚れが溜まらないシステムを考えること。それが、 大切だと思うようになりました。 反射区で見る目線 筋骨格系で見る目線...