【満員御礼】2024年2月・3月度 東京出張施術 

女性専門店であるワケ〜当店の場合

女性専門店にしている理由。

これは、私なりの理論があります。

あ、ちなみに、

何度もいいますが、、、、

癒したい気持ちは<男女差なく>ございません(笑)


癒すのは自分ですからねー。

私はそう考えているので、私はうちの親や夫を癒すことはあれど人様を癒しはできません、unfortunately…

とある男性足つぼ師さんの素朴な疑問

何故、女性専門店がリラクゼーション業界には多いのか?

変な奴がいるのも事実やろうけど…残念

的なご意見。

はい、真っ当なご意見。

他店さんの理由は知りませんが、

当店も多分に漏れず、

女性専門店として営業しております。

その理由…

ぶっちゃけると…

男の人のカラダがよくわからないから。

生理のこと、わかりますか?

大体女の人なら同性なので

なんとなく体質の違いはあれど、

情報の共有化はできているし、

共有化しやすいのでわからずとも

理解はできる域です。

方言程度の違いかなぁ?


コミュニケーションを図れば、ああそうなんですね!がある。


一方の男性のカラダのことは、

全く理解ができません。

ほんと、申し訳ないのですが、

わからない。

異文化のコミュニケーションが必要になります。

きっと外国語の域。

単語はわかっても、共通言語じゃない気がします。


これは奥様や彼女が生理前後になると

なぜ不機嫌になりやすいのか?

なぜ病気でもないくせに、しんどいのか?

それが、理解できないのと同じで、

ほんと、申し訳ないけれど、

わからない。


もちろん、これまで何度も

わかろうと理解を試みたこともあるんですね。


でも・・・・

わからない。

きっと、その概念がないから。


多分、ここが滞ってますよね。

と、しか話もできず、

また、

「え?ここ、前●腺ですけど!大丈夫ですか?」


「睾●滞ってますねー!!!!」


とか言いにくいわ(爆)


で、じゃあ、冷やしてくださいねー!

あっため過ぎはダメですよ♡


とか言われたいのか・・・的な(爆爆)


とはいえ、

実際に前立腺(女性で言うところの子宮反射区)

男性も痛がる方は多いです。


でもそこで、どうしたらいいのかわからない。

そうだとして、どうなるのが理想なのかもわからないし、私が説明する話…ではない。




マルチプレーヤーにはなれないのです。


私の生きる上での基本理念でもある、

わからない、出来ないことを頑張るより、

出来る!伸びる!

にフォーカスしたい思いから、

女性限定とさせていただき、

より深いマニアサービスを行いたいため

この様な状況です。

最近は、

本当に男性のお客様からたくさんの

お問い合わせを頂き大変感謝しております。

ご理解と、それでも応援をしていただけますと大層嬉しく思います。


京都駅店のご予約はこちら


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マニアックな人のアバター マニアックな人 足つぼマニアの研究室 室長

国内外問わず500回以上のリラクゼーション巡りで見えたものを発信。
もともとマッサージや足つぼをしてもらうのが好きで(笑)
様々な療法を渡り歩きまして使ったお金を現在指導者・企業様へのアドバイザーとして還元しています。

目次