GW中の営業日更新しました

卒業生のその後

当スクールを卒業後は

私の第一号生徒さんは、名古屋の方でした。

元々、私は「スクール」には興味がなくて、

足つぼ施術をしているのが楽しい人だったので

施術をしていたら、

毎月通ってくださっていた方が

「足つぼを教えてください」

と、言ってこられたのが最初でした。

最初は、初歩の初歩、

反射区についての講座、

それくらいしかできなかったんですが、

私も継続して施術人数の累計が増えていくにつれ

腑に落ちていったことも多く、

きっとこれが教えていくポイントになるのだろう

そんな風に思うことが少しずつ増えていきました。

あわせて読みたい
【☆】足からの不調の見立て方 私の施術する足つぼって、 ただ単なる「足つぼ」ではなくって 総合的に見れるようにすることを心掛けてます。 足に現れているのはあくまでも「結果」 その結果を見て、...
例えば、これ。

私たちは、お医者さんじゃありません。

なのであなたはこうです!なんて言える立場にはない。

ただ、気づきをもたらす存在ではある。

というよりも、

そのお客様の様子を見たり、聞き、

変な意味ではなく、人と自分を比較し、文化する。

自分の中に落ちたことを

一つずつ明文化していく。

それがいつか誰かのココロに響き、

誰かのためになる。

そう信じています。

卒業生さんたちは、

それぞれサロン経営をされていたり、

お勤めされていたり、

本職の知識の補足に、

ご家族やお友達など近親者に、

当店での施術に、

と、活動の幅は人それぞれ

自らの価値観に基づいて設定されています。

うちで教えることのできることは、

私と同じようなことをすることでも、

ネーミングでどうにかしようとか(笑)

そんなことは一切考えず、

すでにあるあなたの「才能」や「特技」と

「足つぼ」という技術を融合させる唯一無二の

セラピストに育てていくことだと思っています。

私は足つぼ専門店をしていますが、

エステと足つぼでもいい。

ヨガと足つぼなんてもっといい!

整体と足つぼとかはなかなかセンスがない(笑)

なんならコーヒー屋さんが足つぼとか更に良い。

「儲かりますか?」

それは、どんだけあなたが面白がれるか?

そこに尽きます。

無責任ですが、

責任感強いです(爆)

卒業後は、うちの名前を名乗っても

残念ながら売れません。

各自、自分で独立できるようにサポートしていくのが

当店流のスクールです。

そういう言い方をしたくないのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マニアックな人のアバター マニアックな人 足つぼマニアの研究室 室長

国内外問わず500回以上のリラクゼーション巡りで見えたものを発信。
もともとマッサージや足つぼをしてもらうのが好きで(笑)
様々な療法を渡り歩きまして使ったお金を現在指導者・企業様へのアドバイザーとして還元しています。

目次