骨の際をしっかりとたどることで、

丁寧に縁取りをしていきます。

硬くなってしまった、

また本来きちんと動くはずの

筋肉をごくごく普通にカラダを動かすだけで、

筋肉が使えるようなイメージをして

施術は行われています。

カチカチの筋肉は、

すっかり骨に癒着しちゃって動かそうにも

動かしているつもりで、歩いただけではしっかりと動かない。

それを少しずつ緩めていくのがストレッチ。

本来、関節部で左右、前後に曲がって、

その先に付着している筋肉が伸びたり、縮んだりして、

歩けたり、着地したり、前進力になったりする。

だけど、それがうまく稼働できないから、

正しく脚が使えなくなり、

ムクミやすくなったり、

関節が硬くなったりして、

悪循環に陥ってしまう。

足つぼでの、体感や、体調として

明らかな「確信」や「信頼」を得たいとすれば、

ココロをふわふわにしてあげるかの如く、

脚をふわふわにしてあげることをゴールに設定する。

足裏をしっかりと着地させること。