足首周りには、

足の不調と同時に人が不調を感じやすい

カラダの部位の反射区がたくさんあります。

これは、

私個人的には足の構造そのものにあると思っていますが、

そもそも足(甲)とスネ(下肢)がT字でクロスしていること。

結合部は当然たまりやすい、

可動域が制限される等

個体差が出やすい部位。

実際に足首の可動域が少なく、

しゃがめない、甲が伸ばせない、甲を引き寄せることができない。

結果、足首がどんどん硬くなっていく。

とにかく

この足首がゆがんでいたり、

ある程度稼働しない限りは

カラダの部位で言う、「股関節」がうまく動かせなかったり、

ふくらはぎのムクミにつながる「ポンプ機能」が使えなかったり、

そもそも足首が定まらない=不安定な状態

だから首に力も入り、

首が凝ったり、そこから頭痛が発生したりと

いいことがあまりないので

意識として、

この足首の反射区を正しく回して、

閉まりすぎたねじを緩めたり、

緩まりすぎたねじを閉め直したり

そういう作業をするのが、

この足首まわしになります。

中途半端に

指を突っ込んだままでは、

しっかりと足首の深いところまで回りません。

「作業を適当にしないこと。」

これがポイントです。

ぜひ試してみてください。