【満員御礼】2024年2月・3月度 東京出張施術 

【Tips】かかとの脂肪層

人がカラダの機能をこわすことなく歩いたり、走ったりすることができるのは、
かかとの「アレ」が大きく影響しているのをご存じでしたでしょうか?

かかとの裏には
「脂肪層」がほかの部位よりも多く存在しています。


歩行や走行時に地面からの衝撃を吸収し、
足(Foot)や脚(Leg)、さらには背骨への負担を少なくする重要な役割を果たします


脂肪層は天然のクッションのように機能し、体重を支え、足の骨や関節を保護します
この脂肪体は、踵骨の直下にあり歩行や走行時など、
かかとが地面に接触する際の衝撃を吸収し、分散させることで、足や脚、腰への負担を軽減します

踵骨脂肪体の構造は、
密集した脂肪細胞とそれを取り巻く線維質のカプセルで構成されています
踵骨脂肪体は非常に効果的な衝撃吸収器として機能します

このかかとが衝撃を吸収してくれることにより、足首、膝、腰への負担が少なく
私達は日々通勤したり、趣味を楽しんだりと家とは別の社会生活を送ることができるわけです


体重が増えたり、長時間の立ち仕事、不適切な靴の使用、あるいは特定の医学的状態などが原因で
踵骨脂肪体が圧迫されたり損傷したりすると、かかとの痛みやその他の足の問題が発生する可能性があります

健康なかかとの脂肪層を維持するためには、適切な体重管理、足にフィットした快適な靴の選択、
そして適度な運動が重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マニアックな人のアバター マニアックな人 足つぼマニアの研究室 室長

国内外問わず500回以上のリラクゼーション巡りで見えたものを発信。
もともとマッサージや足つぼをしてもらうのが好きで(笑)
様々な療法を渡り歩きまして使ったお金を現在指導者・企業様へのアドバイザーとして還元しています。

目次