カラダ、ねじれてません?

カラダ、ねじれてません?

使いすぎて、疲労が発生するケース。 使わな過ぎて、むくみなどの不調が発生するケース。 カラダというものは、 右と左、 全面と背面 上と下 相反するゾーンと引っ張りあい、 補完しあって成り立っています。 よく思うのが、 片方の足を「使わな過ぎて」、 逆の足が力みすぎているケース。 そこから捻じれが起きて、 次は、使えていない方の脚側の上部でバランスを取ろうとする。 人間ねじねじですよね。 カラダでもこういうことが起こっています なかなか自分ではわからないことですが、 どちらか片方の脚で、 立とうとしていたり、...
技術名:塗り絵の下ごしらえ

技術名:塗り絵の下ごしらえ

骨の際をしっかりとたどることで、 丁寧に縁取りをしていきます。 硬くなってしまった、 また本来きちんと動くはずの 筋肉をごくごく普通にカラダを動かすだけで、 筋肉が使えるようなイメージをして 施術は行われています。 カチカチの筋肉は、 すっかり骨に癒着しちゃって動かそうにも 動かしているつもりで、歩いただけではしっかりと動かない。 それを少しずつ緩めていくのがストレッチ。 本来、関節部で左右、前後に曲がって、 その先に付着している筋肉が伸びたり、縮んだりして、 歩けたり、着地したり、前進力になったりする。...
足つぼで得られる3つのゴール

足つぼで得られる3つのゴール

体質改善 足つぼは、すでに著書もたくさんあり、 ご存知の方も多いかと思いますが、 体質改善(特に、基礎代謝アップ、生理機能改善、消化器系の状態) これらにとても相性がいいと思っています。 癒しや、疲労回復 私は数多くの足つぼやリラクゼーションサロンに通った経験がありますが (現在も通います) その大きい目的はこれでしたね。 自分では取り切れない「疲労」を人の手によって、 取り除いて欲しい。 そこから得られる癒しのような。 自分でやるのと、人にやってもらうのって 不思議と全然違います。 いわば、自分ゴホウビですね。 美脚・ダイエット...
内臓からの「腰痛に」~天枢を

内臓からの「腰痛に」~天枢を

今日から6月に突入! 学校が始まる等、生活にも新しい動きが見える時期ですね。 色々と滞っていたことが一気に動き出すように、 私たちのカラダの中の滞りもきちんと順序立てて 整理をしていきましょうね! 6月は、梅雨が本格化していきます。 梅雨時期の統計を見てみると、 日照時間が減ること、 外に出られない日が増えて普段であれば 憂鬱な日々があるのかもしれませんが、 もう皆さんは大丈夫ですよね? 私は朝、4時くらいに起きて、 体操をしているのですが、 今朝は腰がとても痛くて、 原因は胃の滞りでした。 これ、まさにこの時期に多くある...
「ここに来たら、涙が出るんです」自律神経をコントロールする●●の涙

「ここに来たら、涙が出るんです」自律神経をコントロールする●●の涙

先日いただいた、お久しぶりのお客様からの声です。 お久しぶりだったこと、 また、仕事がお忙しかったこと、 そしてコロナ(苦笑) これらが重なり、私が知っている中で 「どうしはったんですか?」 というレベルでの、 筋肉が硬直していて、ムクミもそれを通り越してしまい・・・ きっと押しても反応が少ないヤツや、これ。 という状態でした。 ITAI。。。。。 終わった後に、 結構長くお付き合いさせていただいておりますが はじめてうかがうフレーズ。 「ここに来ると、涙がいつも出るんですよね」 「足つぼすると、涙が出てくるんですよね」...
【考察】青竹踏みと足裏健康マットの用途の違いについて

【考察】青竹踏みと足裏健康マットの用途の違いについて

コロナ前に、通っていた整体院の先生がブログで書いていた話。 足つぼ用のマットについて、 「突起が付いている必要がない」 「昔ながらの青竹踏み」 これをただただ骨の在り方を踏みしめながら感じる。 (文章をそのまま転記せず、わたしの解釈のまま敢えて書いてみました) という説について、 確かにそうかもなぁ~と、ちょっと通常の青竹踏みに乗りながら 感じてみた考察を書きたいと思います。 結論からいうと、 本当の最終的な意味からいうとゴールや目的は同じです。 ↑これは忘れないでね。 アーチを【地道】に形成し、正しい足の形を【コツコツ】と...