花粉症には【前頭洞】何それ?

花粉症には【前頭洞】何それ?

今日は花粉症対策のセルフケアの講座日♪ 知ってましたか? 花粉症や、鼻の調子が悪い方っていうのは、 前頭洞という反射区。 ここのケアをしてもらうことになります。 ここはいわゆる眉間のあたりになりますが、 この反射区が「カピカピ」になり、 白い粉が吹くのです。 ここに! 先端。 不思議なんですよね、人体って。 またこの部位は、 爪のキワでもあり、先端すぎるため セルフケアにもすこ~しだけコツが必要です。 ツルっと行くからね! 棒とクリームを使って、 より正確な反射区と、体勢でのセルフケア。 それでいて無理のないもの。...
施術中、痛いので緩めてほしいと言う基準とタイミングは?

施術中、痛いので緩めてほしいと言う基準とタイミングは?

「痛いほど、よく効くんですよね?」 「我慢する方がいいんですよね?」 このご質問も多いですね。 答えは「NO」 痛すぎる時、カラダは筋肉反射が起きて 肩や首、あごなど無意識のうちに力が入っています。 そんな状況で受け続けていても 仮に足は終わった後に スッキリしていても、 上半身に筋肉疲労が残り、 結構疲れちゃった・・・ ということが起こります。 施術者側では 足裏を触りながら、足裏におきる筋肉疲労具合を 確認しながら施術はしていますが、 お客様の自己申請もお願いできれば 本当に意味のある施術として味わうことができます。 もし、...
そのやり方、間違ってない?足つぼマッサージ

そのやり方、間違ってない?足つぼマッサージ

なぜ、足つぼのセルフケアがやりにくいのか? 両手も使えるんだよ? 足裏や、脚と 道具を持ったり、使う手っていうのは、 物理的に適度な距離が離れているので、 本来は触りやすい場所である。 背中や、腰などは 手との距離が近すぎて局部を触りにくい。 それに比べたら、本来、セルフケアは 絶対やりやすいんだと思うんだ。 それでも自分で足つぼがやりにくい理由を お伝えします。 そもそもカラダが硬い! そんな方も多いのではないでしょうか? カラダが硬いと、 開脚したり、座りながら前屈したりが難しく、 道具を持ってのセルフケアに至るまでが...
妊娠したかしてないかわからないこの時期、足つぼOK?

妊娠したかしてないかわからないこの時期、足つぼOK?

仮に生理が正常に28日周期だと想定して、 生理開始してから14日目あたりで排卵します。 ※ホルモンの乱れで、この排卵がずれると生理開始が30日、32日、35日、と遅くなることも 約14日目に、体温が一気に下がるときが排卵日といわれています 排卵後、 15日目以降、 黄体ホルモンの影響(分泌上昇)で 妊娠に備えて子宮内膜を厚くし、 母体の体温を上げて 赤ちゃんが育ちやすい環境を整える時期。 (だからむくみやすくもなるわけです) そこの時期を超えているか、超えていないか? それがまず第一の 足つぼするか、しないかの...
足は負担をかけるからだるくなる

足は負担をかけるからだるくなる

そもそも論ですが、 足がだるくなる理由はいろいろあれど、 単純に言うと 足(脚)に負担をかけるから。 負担をかけない生活をすると、 単純に言うとラクになる。 これをいろいろな側面から見てほしい。 昨日読んでいた本に書いてあったこことば 一つの立場からだけ物事を見てはいけない SDGs入門 日本経済新聞出版社 SDGsとはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称 脚からの不調も、足の不調も、 足つぼ観点からだけ見ないで、 色々な観点から見て、ご案内することを これまでも心がけています。...
肺

「風邪ひいている人~!」 「はーい!」 というわけで肺です。ハイ。 もう若い人には受け入れられない おやじギャグも、 若いころから大好きですね(爆) 肺の役割とは、 呼吸運動で、空気(酸素)を吸い込み、 汚れた空気(二酸化炭素)を鼻から排出します。 体内での「気」の循環ですが、 肺では 呼吸や心拍に関連し、 体の生命維持のために必要な 気の巡りのリズムを司っています。 特に、咳をするとき、 人はこの肺に意識を向けること 多くなるのではないでしょうか? 本来、 気道内の分泌物や吸い込んだ異物を 外に排出するための生体防御反応 として...